企業情報ナビ 数字にできない、真の企業力を伝えます!
サイト内検索
提供:日本企業情報株式会社
企業IR.com
 
ホーム 上場別で選ぶ カテゴリーから選ぶ 企業様へ 投資家・消費者様 企業IRドットコムについて
 
 
TOPカテゴリーから選ぶ
カテゴリーから選ぶ
 
ナンバーワン・オンリーワン
技術・製品・サービス
事業概要及び企業理念
配当実績や基本姿勢
高シェア技術・サービス・
製品
環境保全実績や基本姿勢
社会貢献活動実績や
基本姿勢







オイレス工業株式会社 6282
 
住所: 東京都港区浜松町一丁目30番5号 浜松町スクエア10階
TEL:03-3433-1371 /FAX:03-3433-1375
URL:http://www.oiles.co.jp/
株価・チャート・決算データ:
株価・チャート・決済データ
 
設立:1952
代表:代表取締役社長 栗本 弘嗣
資本金:80〜90億円  
従業員数:1001〜1500人
 
求人情報・その他のお知らせ等:



事業概要及び企業理念
【オイレス工業の経営理念】


  ■■■ オイルレスベアリングの総合メーカーとして

        世界のリーダーとなり、技術で社会に貢献する ■■■
 
 
弊社が自負(目指している)する、ナンバーワン
又はオンリーワンの技術・サービス・製品等について

【オイルレスベアリング】
オイルレスベアリングとは、「給油量、給油回数を少なくできる」または「無給油でしようできる」すべり軸受けです。

一般のすべり軸受では、性能を維持できない厳しい条件下でも、オイルレスベアリングは優れた耐久性と性能安定性を発揮し、さまざまなフィールドで活躍しています。

■給油装置・給油孔・油溝加工が不要
給油装置の費用や加工費・組付費など、余分なコストと手間が省け大幅なコストダウンができます。

■ランニングコストの削減
潤滑油の消費と設備のメンテナンスに必要な費用が少なくてすみ、ランニングコストが大幅に削減できます。

■メンテナンスフリー
給油や給油装置の点検などのメンテナンスコストが大幅に軽減できます。また、給油不良によるトラブルもありません。

■設計時間の短縮
給油が省けることは、設計・構造の簡素化ができコストと時間が大幅に削減できます。また、オイレスベアリングは耐久性に優れ、機械の高性能化と超寿命化が図れます。

■潤滑油のリサイクルと環境保全
油のリサイクルに必要な費用と手間が省け、さらに油による汚染から環境を保全します。
 
 
弊社が自負(目指している)する、
高いシェアの技術・サービス・製品等について

◆安全と快適をあらゆる建物に◆

オイレス工業では、免震装置、制振装置を取り扱っております。
日々それらの研究開発を行い、皆様方に安心して快適に暮らしていける製品をお届けしております。

【免震装置】
免震とは建物と地面を切り離し、地震の揺れを建物に直接伝わらないように免震装置を設置し、建物を安全に保とうとする構法です。地震の力を減衰し、ゆっくりした揺れに変えるため、建物自体はもちろんのこと、建物内部も保護されます。

【制振装置】
建物にはその剛性や規模により、それぞれ異なった固有周期があり地震時や強風時にはその周期に従って揺れます。制振装置は建物のこのような揺れを制振装置の相対運動に置き換え、その際に生じる抵抗力によって振動エネルギーを吸収します。
 
 
配当実績、株主優待及び基本姿勢等について
【利益配分に基本方針及び当期の配当】

利益配分につきましては、将来の事業展開と経営基盤の強化を考慮し、通期における業績を踏まえ、連結配当性向や総還元性向等を勘案の上決定いたします。
 
 
環境保全活動に関する実績及び基本姿勢等について
【ISO 14001】
全事業場において「ISO 14001 環境マネジメントシステム認証」を取得

【鉛フリー】
「オイレスベアリングの総合メーカーとして、 世界のリーダーとなり、技術で社会に貢献する。」
この経営理念のもと独自の発想と永年培ってきた技術開発力やノウハウにより、当社オイレスベアリングの鉛フリー化を実現することが できました。

■オイレス樹脂系・複層系の「全製品」を鉛フリー化しました。またRoHS指令に対応しています。

■オイルレスベアリング標準品は、BCB標準品を除き全て鉛フリー化しました。またRoHS指令に対応しています。
 
 
社名や会社マークの由来、設立・創設時のエピソードや沿革等
当社の創業者 川崎 宗造は、1939年(昭和14年)4月に個人経営で「日本オイルレスベアリング研究所」を創設。その翌年12月には、すでに「オイレス」の商標登録をおこなっていました。オイルレスのままでは商標としてやや長すぎるうえに、日本人には発音しにくいところがあるから短縮したと伝えられています。1958年(昭和33年)12月にこの商標を社名に「日本オイレス工業梶vに変更。1966年(昭和41)2月に現在の社名である「オイレス工業梶vに変更しました。冠にある日本をとり、技術と品質で世界に通用する企業でありたいという決意がこめられての社名変更でした。
 
 
社員教育の重視事項、ユニーク社員の紹介、最近のイベント等
【教育制度】
■階層教育
・新入社員集合教育、中堅社員研修、監督者研修、管理者研修、選抜教育
■職種教育
・基本職能教育(営業系、技術系、生産系、事務系、管理系)
・専門職能教育(営業系、技術系、生産系、事務系、管理系)
■国際人育成
・海外留学、海外研修派遣、社内英会話教育
■自己啓発援助
・各種通信教育、資格取得、セミナー参加
 
 
求人・福利厚生・勤務制度(休暇、育休、介護)
その他の魅力的な独自制度

【採用担当者からのメッセージ】

◆就職活動をされている皆様へ◆

 当社の事をお聞きになった事がある方はどの程度おいででしょうか?
 一般消費財を扱っていないため、皆さんの中での知名度は低いかと思いますが、オイルレスベアリングや免震装置、制振装置はさまざまな動きを支える重要な部品の一つとして位置づけられ、様々な分野で 使用されています。
 ほとんど皆さんの目に触れる事はありませんが、オイレス工業の製品は陰で皆さんの生活を支えています。



【福利厚生】
■住宅制度
・独身寮、社宅、住宅資金融資、利子補給、年金転貸融資
■財産形成制度
・各種財形貯蓄制度、従業員持株会
■共済会
・慶弔見舞金、貸付金、遺児育英年金など
■施設
・テニスコート、保養所(伊豆)、会員制リゾート施設(北海道、鳥羽など)
■同好会
・サッカー、バスケット、テニス、野球、ゴルフ、山の会、茶道など30の同好会
 
 
社長からのメッセージ(経営哲学、信念及び座右の銘等)及び、
各企業の自由設定項目による、需要の高い質問等への対応

※ 自由項目は、「 ■ 項目名 」、として『社長からのメッセージ』
の下に表示されます。


当企業グループは『オイルレスベアリングの総合メーカーとして世界のリーダーとなり、技術で社会に貢献する』ことを経営理念としております。

 この経営理念は、「独創的な研究開発によって摩擦・摩耗・潤滑というコア技術を極め、これをグローバルに展開し、社会に貢献する」という創業の精神と志を、経営の基本とするものです。

 オイルレスベアリングは無給油すべり軸受と訳されますが、その用途は自動車、情報機器、電気機械、重工・プラントおよび生産設備や土木・建築構造物など広範な分野に及び、メンテナンスの軽減、省エネルギー、環境汚染防止などに役立っております。

 当企業グループは、オイルレスベアリングというカテゴリーの中で、世界初、世界一の創造的製品および技術の開発に力を注ぎ、社会の発展に寄与してまいりました。
 今後も、絶えず新製品を投入することで市場競争力を強化するとともに、グループをあげて経営構造改革に取り組み経営の質を高め、いかなる環境の中にあっても揺ぎ無い安定した収益を確保し、継続的な企業価値の向上に努めてまいります。
 






ご利用方法 | 企業の方へ | 著作権について | 個人情報の取り扱いについて

copyright (c) 2006 kigyou-ir.com. All Rights Reserved.