企業情報ナビ 数字にできない、真の企業力を伝えます!
サイト内検索
提供:日本企業情報株式会社
企業IR.com
 
ホーム 上場別で選ぶ カテゴリーから選ぶ 企業様へ 投資家・消費者様 企業IRドットコムについて
 
 
TOPカテゴリーから選ぶ
カテゴリーから選ぶ
 
ナンバーワン・オンリーワン
技術・製品・サービス
事業概要及び企業理念
配当実績や基本姿勢
高シェア技術・サービス・
製品
環境保全実績や基本姿勢
社会貢献活動実績や
基本姿勢







株式会社 ビューティ花壇 3041
 
住所: 東京都港区西新橋2-16-2
TEL:03-5776-5850 /FAX:03-5776-5851
URL:http://www.beauty-kadan.com
株価・チャート・決算データ:
株価・チャート・決済データ
 
設立:1997
代表:三島美佐夫
資本金:15〜20億円  
従業員数:301〜400人
 
求人情報・その他のお知らせ等:
当社は、生花祭壇事業と生花卸売事業を主な事業とし全国展開しております。2006年10月には台湾において葬儀ビジネスを手がける龍厳人本服務股分有限公司との共同出資により、当社子会社となる美麗花壇股分有限公司を設立し、台湾での生花祭壇の普及をはかっています。また2007年5月には、熊本県においてブライダル装花のシェアNo.1である生花店の老舗、株式会社クラウンガーデネックスからブライダル・イベントにおける生花サービス、生花小売業を行うフラワーサービス事業を譲り受け、当社100%子会社を設立いたしました。



事業概要及び企業理念
企業理念:花をより身近なものとし、美しく豊かな世界を創造する。

事業概要:葬儀関連会社に対し、葬儀における主要商品である生花祭壇や供花等を提供する生花祭壇事業(技術統括部)と、生花祭壇部門の仕入れおよび葬儀関連会社や小売店への生花の販売を主体とする生花卸売事業(流通統括部)を主な事業としております。
 
 
弊社が自負(目指している)する、ナンバーワン
又はオンリーワンの技術・サービス・製品等について

高齢化社会に伴い成長が見込まれるとともに、生活者からの多様なニーズに応えるご葬儀が増え、そのビジネスモデルの変容に各メディアからの注目も高まる葬儀関連業界。

なかでも宗教色を薄めた故人にふさわしい個性的な葬儀を望む方は年々増えており、そうした希望を実現する「生花祭壇」は需要の高まりを見せています。
生花祭壇とは、生花のみを使用して作成する葬儀用の祭壇のこと。生花で造形を描き、故人にふさわしい個性的な祭壇を造り上げることが可能です。

株式会社ビューティ花壇は生花祭壇の企画提案・制作・設営を主な事業とする業界初の上場会社(平成18年6月東京証券取引所マザーズ市場)。生花祭壇制作の技術力は、技術者の練磨研鑽によるもの。経験による技術習得が不可欠で競争力となります。技術者の確保・育成など多大な参入障壁のある業種で、当社は業界一の100名を超える技術者を有し全国展開しております。
橋本龍太郎元総理の生花祭壇や歌手の本田美奈子.氏の一周忌の生花祭壇を制作するなど、昭和49年から培ってきた生花祭壇制作技術力で、業界を牽引しています。
 
 
弊社が自負(目指している)する、
高いシェアの技術・サービス・製品等について

挿花のみで造形を描く生花祭壇の技術は、世界においてもユニークな職人の技です。生花祭壇事業で培った技術力を生かし、近年当社は、ブライダルやイベントへの生花によるディスプレイ業務も積極的に展開して参りました。

その実績の中で当社は昨年、読売テレビ主催で行われたイベントで華道家の假屋崎省吾氏と初のコラボレーションを果たしております。そして今年4月、当社は假屋崎氏とコラボレートし生花に関する業務委託契約を締結。

10月には、業務委託契約後初の商品となる假屋崎省吾氏がデザイン・監修を務めた生花祭壇『KARIYAZAKI SHOGO PRESTIGE LINE』の発売を予定しております。

長年の伝統から生まれた当社の祭壇造形技術と、假屋崎省吾氏の華麗なる華道の世界の融合から生まれた『KIARIYAZAKI SHOGO PRESTIGE LINE』にご期待下さい。
 
 
配当実績、株主優待及び基本姿勢等について
当社は、年間配当金として、当期純利益の30%相当額を配当することを基本方針としております。株主優待制度を準備中です。
 
 
社名や会社マークの由来、設立・創設時のエピソードや沿革等
社名は、花の美しさから「ビューティ」、そして多くの花を使用するため「花壇」としビューティ花壇です。
ロゴマークの色は「ビューティグリーン」と呼んでいます。安らぎや落ち着きを与えてくれる、緑色を基調としたやわらかい色を使用しています。
 
 
社員教育の重視事項、ユニーク社員の紹介、最近のイベント等
弊社では生花祭壇の技能を1〜5等級に区分して、社員の能力認定を行っています。年1回の検定試験を行って判定します。もちろん、等級に応じた給与体系となっています。やる気があって、相応の成果もある社員には飛び級で検定させることもあります。
また本年度は、新入社員に対し、約2週間の合宿研修を実施。ビジネスマナー研修をはじめとする生花祭壇装飾における基礎技術講習や葬儀祭壇装飾における生花業者の役割、葬祭文化とホスピタリティーなどの研修を行いました。
 
 
社長からのメッセージ(経営哲学、信念及び座右の銘等)及び、
各企業の自由設定項目による、需要の高い質問等への対応

※ 自由項目は、「 ■ 項目名 」、として『社長からのメッセージ』
の下に表示されます。


当社は、2007年1月に設立10周年を迎えることができました。
これもひとえに皆様のご愛顧の賜物と衷心よりお礼申し上げます。

当社は生花祭壇事業と生花卸売事業を2本の柱として全国に事業展開をしております。
生花祭壇事業では「故人を偲び、ご遺族の方々に感動して頂ける生花祭壇」を念頭に、故人の旅立ちを個性豊かに表現する生花祭壇のご提案に努めております。近年、生花祭壇の普及は葬儀の個性化により、多くの生花店・葬儀社で見られるようになりました。当社の生花祭壇の技術レベルは業界の指導的立場にあり、約100名の技術者が日々技術の練磨に勤しんでおります。

また、生花卸売事業では、消費者の目線で花き流通業界を捉え、良質で新鮮な花を適正な価格でご提供できるよう全力で取り組んでおります。自社需要である生花祭壇事業の仕入れを兼ねるというメリットを最大限に活かして、業界の非効率な流通や慣行にとらわれることなく、需要サイド(消費者)と供給サイド(産地・市場)を直結する流通システムを構築いたしました。

1997年に法人設立して10年。創業の地熊本から全国展開へ踏み出し、海外の拠点も築き、組織としての基礎固めは出来たのではないかと考えております。昨年は東京証券取引所マザーズ市場に上場し、信用力・資金調達力も格段に向上しました。

これからの10年間は大きく飛躍する時期であり、本年はその第一歩を踏み出す年となります。
決意新たに全社一丸となって、お客様により満足いただけるサービスの提供に努め、あらゆるステークホルダーの皆様のご期待にお応えできる企業へとさらに成長していきたいと思っております。
「花をより身近なものとし、美しく豊かな世界を創造する」という理念のもと、若い力とともに努力する所存です。これからも皆様のご支援、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
 






ご利用方法 | 企業の方へ | 著作権について | 個人情報の取り扱いについて

copyright (c) 2006 kigyou-ir.com. All Rights Reserved.